テグレトールの中毒症状

テグレトールは、いわゆる抗てんかん薬の一種ですが、比較的使用されてきた歴史が長いため、継続して服用すれば、てんかん発作の予防などに安定的な効果を発揮するものとされています。
また、てんかん発作以外の目的についても、例えば双極性障害の治療、特に躁状態をしずめたり、三叉神経痛を緩和するなどの目的でも使用されることがあります。
てんかん発作を予防するなどの効果を上げるためには、テグレトールを服用して、ある程度血液中での有効成分の濃度を高める必要があるのですが、過剰に服用するなどしてこの濃度が極端に高まってしまった場合、テグレトールの中毒症状があらわれることがありますので、あらかじめ注意しておかなければなりません。
こうした中毒症状は、実はテグレトールそのものの過剰な服用のほかにも、飲み合わせの悪い他の医薬品を併用した結果として起きる場合もあります。
具体的な中毒症状としてよく知られているものとしては、吐き気や嘔吐、ふらつき、眠気、めまい、皮膚のかゆみや発疹、リンパ節の腫れ、注意力低下や脱力感、倦怠感などがあります。
ほかに、他の抗てんかん薬でもみられたケースとして、中毒性表皮壊死症という重篤な皮膚障害がありますが、これはすみやかに医師の診察を受ける必要があります。
また、妊娠している女性については、慎重にベネフィットを判断した上でテグレトールを服用することが求められるとされていますが、これは妊娠中の服用によって、胎児の奇形のリスクがあることによるものです。
また、妊娠中に服用した薬の影響によって、産まれてきた新生児についても、けいれん、呼吸障害、嘔吐、下痢、摂食障害などのある種の薬物禁断症状が起きる可能性があります。